ふらふら ゆらゆら

ジャニーズWEST 関ジャニ∞をふらふらしてます。

わからない。

エイトはなんであんなに笑いを取りに行くんだろう。
全員関西出身だからそういう文化なのかもしれないけど。
関東出身のわたしにはわからない身についた習慣なのかもしれない。
狙ったものじゃなくて自然発生してるものかもしれない。


まだデビューする前松竹座でやっていた頃、少ない座席もほとんど埋まらなくて苦労した。悔しかった。などの話は嫌になるぐらい聞いてきた。
どうにかしてお客さんを呼ばなきゃいけないと思って生み出されたのが「エイトレンジャー」
台本も全部自分で考えて歌やダンスのレッスンもある中エイトレンジャーの練習もして。

それでお客さんが少しずつ入るようになって、ジャニーズは歌や踊りだけじゃなくてコントもできるんだぞって興味を惹かれるものになった。

デビューした後もコンサートにエイトレンジャーを組み込んだり、映画化もされたりした。
今まではエイターの間、ジャニーズファンの間しか知られてなかったものが世間的にも知られて関ジャニ∞ってこんなこともやってるんだって思ってもらえるいいきっかけになったはずだ。
映画を見てファンになった人だって少なからずいるだろうし、注目されたに違いない。


でも、今の彼らにまだそれは必要だろうか。
コントは必要だろうか。
無くても成り立つようなコンサートが出来るはずだ。
彼らにとってコントやお笑いは切っても切れないものなのかもしれないけれど。
わたしにはそれに縋っているようにしか見えなくなってきた。





よく周りの友達に「関ジャニって面白いよね」って言われることがある。
そうやってファン以外の人から認められるものがあるのは嬉しいことだけど正直わたしは悔しい。
褒められてるのに悔しいって感情を持ったのは初めてだった。
面白いだけじゃないのに。バンドもできてダンスも出来るんだよって。
もっと違う面も見てほしいって。
自分はファンだから色んな面を知ってるのはもちろん。ファンじゃない人からすれば知らない面の方が多いことはわかってる。


アイドルぽくないよね。ジャニーズぽくないよね。
これもよく言われる。これは褒め言葉として言われてるのはわかるけど、わかるけどさ。
やっぱり悔しいんだ。
だって7人はアイドルだもん。ジャニーズだもん。
確かにアイドルらしいところは他のグループと比べて少ないかもしれないけど。
褒め言葉として素直に受け取れないわたしの心が荒んでるの?





みんながエイトのかっこいいところ知らないの本当にもったいないと思うんだ。
だって本当にかっこいいから。
わたしはそれを見て彼らを好きになったから。
踊る7人見て好きになった。
演奏する7人見てもっと好きになった。










彼らは自分たちにしかできないことを探してる。
武器を探してた。
その結果たどり着いたのが"コント" 。








数多くいるアイドルと差をつけるために。
厳しい芸能界で生き残るために。










それは理解できるけどどうしてもわたしは「本当に必要かな」って思ってしまう。


エイトレンジャーまた封印してもいいんじゃないかな。
ずっと封印しててほしいなんてことは思ってない。
たまにはダンス曲やバンド曲中心のかっこいいライブをやってもいいんじゃないかな。







俺らは面白いだけじゃないぞ。
ほら、見ろ。
こんなに踊れるし楽器だってできるんだぞ。







ってもっと本人たちが発信してほしい。








でも結局はわたしの我儘なのかな。